アメリカのネットワークビジネスでの化粧品事情

強引な商品説明をすることなく、 紹介者を増やしていく方法!

■ アメリカと日本の化粧品の「美肌」への考え方の違い

日本では「美肌」と言えば=「美白」…とにかく
色白ということが一番の美肌という考え方です。
そのため化粧品も美白をうたったものが主流です。
 
ところが、多くの民族人種が同居するアメリカでは
「美白」という考え方はありません。化粧品に求めるのは
美白ではなく、基本的に「美肌」です。
 
美しい肌と言うのは「スベスベ」「ツルツル」で
ネットワークビジネス企業の目指す化粧品のコンセプトも
シワがなく、ハリのあるきめ細かい肌にあります。

■ アンチエイジングが市場を拡大しています。

もう一つ考え方の違いとして浮き彫りになるのが
医療費の問題です。
 
アメリカは保険制度が整っていないため医療費が高く
そのために病気予防の点からも健康な肌に関心が高い。
 
年を取ったらシワが増える、だから美容整形…ではなく
シワが出来ないようにする、その期待が出来る化粧品が
人気があり、求められているのです。
 
ネットワークビジネスの大手会社でも、このことに注目し
予防と美肌の観点から、研究開発が進められており
 
皮膚科医をはじめ、科学研究家、化粧品企業も加わって
美肌効果、アンチエイジングが期待できる製品の開発に
その頭脳を集結しているのです。
 
■ ネットワークビジネスだからこそ研究開発しやすい
 
一般の大手化粧品会社は莫大な宣伝広告費を掛けますが
ネットワークビジネスでは口コミ流通のためその広告費が
不要です。大手の宣伝広告費にあたる費用で研究開発が
出来るということです。
 
そして、さらにいい商品が出来、ユーザーが使い広める
もちろん、実感として良くなければ広がらないのですが
ネットワークビジネスの形態を取っている以上
データの収集には事欠かないのですから、今後も、

アメリカのネットワークビジネス関連の化粧品から
目が離せないのが現状です。

そのやり方では友達を失います!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする