ネットワークビジネスの勧誘方法を調べた!

寝ている間にダウンをざっくざく集められる方法とは?

MLМ(マルチ・レベル・マーケティング)の勧誘には
色々な手段を使って、いろんな段階を踏んで勧誘してきます。
 
特に今の時代はインターネットが使えるので、いろんな人と
つながることが出来るようになったので、
勧誘する方も勧誘しやすくなったことは間違いないでしょう。

その上で、被害にあわないためにも(もちろん大半は正当な会社です)
ネットワークビジネスの勧誘方法を知っておくことは必要だと思います。
 
ネットワークビジネスで勧誘してくる人が考えそうなことは何か?

『インターネットのビジネスグループなどを使う』
 
ネットワークビジネスに少しでも参加してくれそうな人にあらゆる手を
使って勧誘の手を伸ばしてきます。
言っておきますが、それで救われる人が要ることも事実!
見極めさえ間違えなければ、ネットワークビジネスで稼げるチャンスも
あるので、「悪」と決めつけない方がいいでしょう。
 
【SNS】を使ったアポイント
FacebookやTwitter…LINEなどを使って、あなたに勧誘してきます。
その投稿の中で直接商品や報酬プランの説明をすることはありません。
 
ランディングページに誘導して、そこで説明をする形がほとんどです。
なぜなら、
興味を持った人に詳しく説明するのは一回の投稿ではむつかしいからです。

『友達や知り合いの紹介で勧誘する』
 
友達や知り合いの人に連絡を取って
健康食品や化粧品、日用品の「いいもの」に興味がある人を聞き出す
その人に紹介者の名前を告げてアポイントを取り
ビジネスを紹介する。
 
いずれにせよ
ネットワークビジネスの勧誘は、愛用者が販売者となって行き
傘下をふやすと、大きな収入になるのも頑張る理由なのです。
 
だから、商品もなく店もなく資金もない…と云う人にとって
ネットワークビジネスは福音でもあると言えます。
 
ネットワークビジネスの勧誘に会ったときは、商品や報酬プラン
その人が信頼できる人かどうかを見極めて、断るのか
参加するのかを決めて、やるなら自分も勧誘をする側に回ると
いうことの自覚をしっかり持って参加することが大切です。
 
以上、ネットワークビジネスの勧誘についての解説でした。

ネットワークビジネスの難点を解決!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする