アムウェイ商品を買取りあり!の現実

1日2時間の労働でフルタイムパートと同じ月収を手に入る方法とは?

アムウェイの商品を買取りに出すのはご法度なはず

ネットワークビジネスの商品は市販はしない!のが原則(鉄則)であるべきなのだが?。

それも世界のトップと名高いアムウェイの商品となれば厳として安売りをしたり買取り業者に売ったりはご法度なはず。

実は、これが結構な安売りがされていてアムウェイの商品を押し入れに積み上げて実績を残そうとした人たちが内緒で在庫処分をしているようなのだ!

アムウェイの商品の買取り依頼はなぜ起こる

いったいなぜこのような「品余り現象」が起きるのかその、理由とシステムについて検証してみたいと思った。

ネットワークビジネス全般に言えることは、その「ノルマ」的な報酬システムにあるのかもしれない。

アムウェイの商品だけでなく、市場の陰に山積みにされているであろう商品群は買取り業者のねらい目で、特にアムウェイの商品は買取り業者にとってもありがたい商品ということになる。

良品を安く販売できるし、宣伝しなくても商品の説明はアムウェイの商品販売員であるディストリビューターがイヤと言うほどやってくれているから手間が省ける。

さて、アムウェイの商品の買取りが盛んなのはなぜかと言うことだが、

報酬を受け取るために

決められた数値をクリアするための余分な購入によるものであることは容易に予測できる。

売上額が一定の基準を超えるだけでボーナス的に多額の報奨金がつくので、無理をしてでもアムウェイの商品を購入してしまうのだろう。

もちろん、

アムウェイの商品の品質の良さは定評で

買取り業者は、安く売れるのなら御の字で、そこそこの値段で買い取ってくれるようである。

アムウェイの商品が安く買い取られて、それが安く販売されているとなればアムウェイ商品の良さを分かっている人たちはなにも、アムウェイの商品を、ディストリビューターになってまで買う必要もなく、

愛用者レベルなら買取り業者のアムウェイの商品を買えば面倒が無くていい…ということになる。

まして、店頭販売ではなくアムウェイの商品の買取り業者はネット販売も強力に進めている。

アムウェイ 商品 買取り、で検索すると

所せましと出てくる。

報酬システムを見直さない限り

余計なお世話だが、アムウェイの商品だけでなく、ネットワークビジネスで扱う商品が、買取り業者に流れるのを防ぐ唯一の方法は、その報酬システムの見直しだろう。

たしかに、大きな報酬は魅力ではあるが、結局は商品が消費されずに、世間にだぶついていることなのだから、

消費されていない分のお金が配当を支えていることになる。

とすれば事業自体の破綻を招きかねない。

創業者の意志やポリシーは?

なにもアムウェイ本社の肩を持つわけではないが、販売員の過剰なまでの「稼ぎ」に対する無理がアムウェイの商品が買取りに出される原因だとすれば、

たくさんの人に心身共に豊かな暮らしをと望んだ、創業者の意志に反してアムウェイの商品の良さをなおざりにしてお金が独り歩きしている気がする。

アムウェイを代表とする

ネットワークビジネス業界全体の反省点として、商品が世間で安売りをされるようなシステムは改善すべきだと思う。

さもなければ、もっと商品の良さをアピールして、消費者を広げ、愛用しつつ、

健全なビジネス形態が出来るよう検討すべきだと思うのだが。

はたして。。。。

パジャマ姿でコーヒー片手に音楽をかけながら自宅で仕事をする方法!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする