シーエムシーの勧誘の特徴を知って、被害者になるのを防ぐ方法!

セミナーに 友達を連れて来い!と言われることなく、勧誘できる方法!

シーエムシーの勧誘の最大の目的

シーエムシーの勧誘をする人は、ある目的を持っている。先ず一つはビジネスをさせることを前提とした勧誘。もう一つは製品を気に入って愛用してくれる人の勧誘です。

実は、ビジネスでシーエムシーを始める人は、稼げないと分かると辞めていってしまうので、収益化を期待できないのが現状。実際には製品のファンとして愛用者してくれる人の方が、お金を生み出してくれる。

本音を言うと、死ぬまでシーエムシーの製品を使ってくれる人は最高の顧客ということらしいのだ。ビジネスをすることを勧める、そして製品の良さを訴える、この二点を柱に勧誘してくることを知っておこう。

シーエムシーの勧誘をうけやすい人の特徴

では、いったいどのような人がシーエムシーの勧誘をうけやすいのか検証してみましょう。もちろん、いい商品が欲しいという人は対象になりますが、もっと気をつけないといけない人が以下の人たちです。

低賃金で働く人や、サービス残業当たり前の会社などブラック企業で働く人はシーエムシーの勧誘に惹かれる傾向にあります。

シーエムシーでは「労働収入=悪」で「権利収入=自由」という公式がまかり通っています。

会社に不満のある人要注意

もし勧誘される人間が自分の会社に少しでも「給料安すぎる」「働く時間が長すぎる」などと不満や不服を持っていたとしたら狙われる確率は高くなります。特にFacebook、Twitterなどで愚痴っていると目を付けられます。   給料の安いスポーツ関係のコーチや看護師なども誘われやすい職種の一つです。休みが少ない、勤務時間が不規則、労働時間が長く、もっと楽に稼ぎたいと思っていると云うことが勧誘の対象になるのです。

独立・開業を目指している人

独立や開業、個人事業を目指している人は特に、資金が欲しいと思っていることと人脈をふやしたいと思っています。シーエムシーの幹部層やアップと言われる上層部には、すでにお金持ちになって夢をかなえた人が沢山いますので、その人たちの話を聞けば、夢も叶うと思ってしまうでしょう。もちろん、叶う可能性はゼロではないし、ウソをついているわけではないので信じ込まされるのは簡単だと言えます。

コミュニケーションをとるのがうまい人

コミュニケーション能力はネットワークビジネスには欠かせません。その辺りをシーエムシーの勧誘員は見逃しません。だれとでも仲良くなれて親しみやすく友達の多い人に、ネットワークビジネスの仕組みの話しをすれば、ほとんどの人が会員になるそうです。人を誘うことで大きな収入を得られるのですから、魅力的なことは言うまでもないことです。あなたが、友達が多く信頼されているとしたら「カモ」にされる可能性が高いと言えます。

まとめ

ネットワークビジネスは不特定多数に商品を売るビジネスではありません。少数の人をビジネスに導き、自分と同じようにビジネスをする人を誘う、という仕事を伝達していくのです。下部の人が紹介して売り上げが上がれば、その利益の一部が報酬として入ります。それが、多段階にわたるので莫大な収入になることも可能なのです。

それが、誤解を生むことにもなり、悪評を招くことにもなっています。ネットワークビジネスは悪徳商法でも詐欺でも、ネズミ講でもありません。正しく根気よく取り組めば、あなたの将来を左右しかねないほどの収入も得られます。どのような仕事でも、楽に大きく稼げることはありません。

可能性と現実の開きをわきまえた上で正しいビジネスをやってください。

100人も友達や知り合いをリストアップしなくても成功できる方法とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする